ペイントローラー

ご案内

三角

外壁塗装・外壁のリフォーム

 
外壁のリフォームが必要な理由

外壁は、雨風や日光、気温の変化にさらされるため、建物の中でも汚れやすく劣化がしやすい箇所といえます。チョーキング(触ったときに白い粉が付く)や、ひび割れ、はがれ等をそのままにしておくと、内部まで劣化してしまう原因にもなります。

定期的にメンテナンスやリフォームを行うことで、建物を良い状態で維持できます。

チョーキング
外壁の種類

・モルタル(砂とセメント、水などを混ぜたもの)

・サイディング(ボード上の外壁材)

・ALC(軽量気泡コンクリート)

・トタン

・タイル

・板張

これら外壁の下地は、塗装による被膜で守られています。経年劣化で被膜がはがれたり、ひび割れたりします。被膜の劣化を放置しておくと、下地まで傷んでしまい大幅なリフォームが必要となってしまう場合があります。

ひび割れ
モルタル壁の塗装材

チョーキングには塗り替えで対応します。ひび割れは、弾性のある充填剤や塗料を塗りこんで補修した後、外壁を塗り替えます。塗料には次のような種類があります。

・フッソ樹脂塗料(耐用年数:15~20年)

・シリコン樹脂塗料(耐用年数:8~15年)

・ウレタン樹脂塗料(耐用年数:8~10年)

・アクリル樹脂塗料(耐用年数:5~8年)

※耐用年数は環境によって変わるため、目安となります。

耐用年数で考えると「フッソ樹脂塗料」が一番ですが、価格が高価になります。耐久性は低いけれど安価なアクリル樹脂塗料の2~4倍の価格です。壁材やその他の要因からベストな塗料は異なります。

相模原市の(株)フジビソウでは、周辺環境や建物の用途、壁材等から最適と思われる塗料をご提案させていただきます。塗料により特徴も価格も様々ですので、不明点はお気軽にご質問ください。

塗料
サイディングの塗り替え

サイディングであっても、表面に塗られている被膜に守られています。この被膜が劣化してくると、チョーキングや白サビや赤サビが起きてしまいます。そのため、表面を定期的に塗り替える必要があります。また、サイディングの継ぎ目を埋めているシーリング(コーキング)も劣化するため、補修を定期的に行う必要があります。

継ぎ目にひび割れは入っていませんか?雨が浸水してしまう可能性もあるので注意が必要です。

サイディング塗り替え
外壁塗装・リフォームの目安

環境や使われている塗装材の耐久性により異なりますが、5年目前後に点検を行い、10年前後で塗装材を塗り替えることをおすすめします。サイディングは25~30年を目安に下地の交換が必要になる場合があります。

手で触ったときに白い粉が付いたり(チョーキング)、サビやひび、剥がれがあったら塗り替え時期です。

家の模型
より良い外装塗装のために

外壁塗装の工程は、下地処理(汚れを落とす・ヒビ等を補修するなど)→下塗り→中塗り→上塗りと行っていきます。(養生や、必要に応じて足場の設置も行います。)お客様に了承をいただき、下塗り塗料のテストを行うことがあります。壁材に対しベストな塗装を行えるよう、施工してまいります。

写真は、下塗りテストの様子です。

下塗りテスト
三角

当社のおすすめ外壁塗料

ナノコンポジットW

汚れが雨で洗い流される機能や、防カビ・防藻性を持っている塗料です。雨や湿気の多い日本に適した塗料です。塗装後も長期間キレイな外壁を保てますので、戸建やマンション・アパートの塗り替えにオススメです。塗装した外壁の環境によって耐用年数は変わりますが、ナノコンポジットWの耐久目安は12年~16年と長いため、その点でもおすすめの塗料です。

ナノコンポジットW
アドグリーンコート

高性能な遮熱塗料です。放熱性能に優れ、塗装した建物外皮を外気温と同程度にするため、室内への熱ごもりを抑制できます。
特殊セラミックスを原料とした外壁塗料ですので、汚れが付きにくく耐久性に優れています。
工場や倉庫、社屋の塗装におすすめの外壁塗料です。

アドグリーンコート
三角

防水工事・防水リフォーム

防水工事のタイミング

陸屋根(平らな屋根)や屋上、ベランダやバルコニーなど雨水を受けやすい・溜まりやすい部分に防水工事が必要です。防水材によって耐用年数は異なりますが、目安として10~15年経過していたらメンテナンス・リフォームが必要になる場合が多いです。特に人が頻繁に出入りする場所であれば、負荷がかかりますので劣化が早まります。

変色や割れ、亀裂などがありましたら、雨漏りを起こす前にご相談ください。

防水工事
防水工事の工法

・密着工法…下地と防水層を完全に密着させます。人が頻繁に出入りするような箇所に向いています。工期も早めです。デメリットとして下地の水分に影響を受け、ひび割れや浮きが発生する場合があります。

・絶縁工法…下地と防水層を密着させない(浮かせる)工法です。下地に影響をうけず、比較的長持ちします。人が頻繁に出入りする場所には向いていません。

防水工事
三角

防水材の種類

耐用年数は目安です。

 
アスファルト防水(耐用年数:17~20年)

アスファルトに合成繊維不織布を混ぜて作られたシートを防水材として使用する工法です。アスファルトは防水材として長い歴史があり、耐水性が高く耐用年数も長いことがメリットです。デメリットとして価格が高いことと、熱で密着させる施工法の場合は、異臭や煙が発生します。また重さがあるため、向かない建物もあります。

塗膜防水(耐用年数:10~15年、塗料によって異なる)

塗料を塗り重ねて防水する方法。継ぎ目のない防水膜をつくることができるます。塗料なので、複雑な形の下地にも対応できることがメリットです。様々な種類があります。ウレタン樹脂・アクリル樹脂・シリコン樹脂・FRP(繊維強化プラスチック)・ゴムアスファルト 等

ゴムシート防水(耐用年数:10~12年)

ゴム製の防水シートを下地に張り付けます。コストが安く工期が短期間で済みますが、複雑な形状の場所には不向きです。

塩ビシート(耐用年数:10~13年)

塩化ビニールから作られた防水シートを下地に張り付けます。ゴムに比べて見た目が美しく、耐久性が高いです。

相模原市のフジビソウでは、塗装による被膜防水から、シート防水やアスファルト防水まで各種施工が可能です。「この防水素材で、工事を頼みたい」「どの工法で防水していたのかわからない」など、ご相談お受けします。
お気軽にお問合せください。
三角

当社の特徴

相模原市を中心に、地元密着・直接施工

株式会社フジビソウでは、相模原市を中心に外壁塗装・防水工事を承っております。点検・お見積りから工事の施工まで、当社にて責任を持って行います。点検・お見積りに伺う社員も、技術者ですのでご安心ください。

壁の劣化
個人のお客様から法人様まで、幅広く対応

・戸建

・アパート

・マンション

・ビル

・倉庫 等

個人のお客様から、オーナー様、法人様まで幅広く対応しております。どのような建物の外壁・防水リフォームを必要とされているのか、まずはご相談ください。

戸建て住宅
外壁塗装・防水工事、まとめてお任せください

当社の強みは「地元密着」「直接施工」「外壁塗装・防水工事がまとめて行える」ことです。外壁塗装が劣化して塗り直しが必要な時期であれば、防水部分も劣化している可能性があります。外壁塗装も防水も、どちらも劣化している場合、別々よりも一緒にリフォームしたほうが費用面で節約できます。 そろそろ時期かな?と思ったら、当社へお問合せください。お待ちしております。

手すりなどの防錆塗装
ご希望に応じて施工いたします

当社は外装塗装・防水工事を専門としておりますが、お客様のご希望にお応えできるよう各種施工を行っております。必要に応じて、表装や内装の工事も承ります。「外装塗装に合わせて、ドアや窓をリフォームしたい」「内装も修繕したい」などまずは一度ご相談いただければと思います。

玄関塗装